脱OLへの道

うつ病休職中。株とか趣味とか。

【書評】マックス・ウェーバー『職業としての学問』(岩波文庫 白209-5)

古典の名著ですね。

 

研究者や教員として、学問を職業としようとこころざす場合、どういった心構えが必要か。そもそも学問を職業とするとはどういうことなのか、そんな疑問に対する答えを探して本書を再読しました。

学生時代に読んだときはあまり強い印象は残らなかったんですが、今回、年齢を重ねた上で、自身のキャリア選択に悩んでいる中で読んだために、刺さる部分も多かったです。

 

職業としての学問 (岩波文庫)

職業としての学問 (岩波文庫)

 

 

さて本書、ウェーバーが1919年1月にミュンヘンで行った講演記録です。

訳者による「旧約の序」によると、本書の内容はほぼ下記の3点。

①経済的意味の職業

②職業としての学問に対して人々(特に教師・研究者)がとるべき心構え

③学問の職分

 

印象に残ったのは②の論点ですね。

そこから引用を少し。

pp.23

「学問に生きるものは、ひとり自己の専門に閉じこもることによってのみ、自分はここにのちのちまで残るような仕事を達成したという、おそらく生涯に二度とは味われぬであろうような深い喜びを感じることができる。」

 

pp.22-23

「こうしたあまり類のない、第三者にはおよそ馬鹿げてみえる三昧境、こうした情熱、(中略)これのない人は学問には向いていない。そういう人はなにかほかのことをやったほうがいい。なぜなら、いやしくも人間として自覚のあるものにとって、情熱なしになしうるすべては、無価値だからである。」

 

pp26-27

「さて、学問上の霊感はだれにでも与えられるかというと、そうではない。それは蝉蛻的な宿命のいかんによって違うばかりでなく、またとくに「天賦」のいかんによっても違うのである。」

 

pp.30

「 学問上の「達成」はつねに新しい「問題提出」を意味する。それは他の仕事によって「打ち破られ」、時代遅れとなることをみずから欲するのである。」

 
研究をこころざそうと思ってる人にとっては、深く首肯出来る、もしくはそうでありたいと共感できる部分ではないでしょうか。
 
訳者によると、注釈の省略や本文追記など、読者の便宜をはかって若干の加工がされているようです。
最近、新訳も出ているので、比較して再読してみたいですね。
 
 
 
 

【書評】清水幾太郎『本はどう読むか』(講談社現代新書)

こんにち、お久しぶりの投稿です。

今回は下記の本についての感想。読書論としてはもう半ば古典かしら・・・

社会人向けとしても面白いですが、メインの対象は学生さんかな。

 

本はどう読むか (講談社現代新書)

本はどう読むか (講談社現代新書)

 
 

 

みなさんは、どんな風に本を読みますか。

どんな風に本と向き合いますか。

 

本屋で手にとって、「読みたい!買おう!」と思ったのに、

家に帰ってみると、ちょっと「めんどくさいな〜」が優勢になって、

いつの間にか積読になってしまった本。

 

はじめに、まで読んで満足してしまって、

本論は読みかけのまま放置してしまった本。

 

想像以上に面白くて、夜に寝る時間を削ってまで、

一気に最後まで読み通してしまった本。

 

いろいろあると思います。

そして、「あれがまだ読み終わってないなぁ」とか、

「途中で終わってるあの本、最後まで読まなきゃ・・・」

とか、余計なストレスを抱えてしまう。

 

著者は、書物との向き合い方について、次のように述べています。

 

相手が誰知らぬもののない古典であろうと、世間で大評判の名著であろうと、自分の心の歯車と嚙み合わぬ本は投げ出した方がよい。敗北感や劣等感は無用である。

Kindle版 位置1144)

 

凄いですね。言い切りますね。

 

本は、そのときの自分に合ったものがあります。

合わない本を、名著だからとか、せっかく買ったからとか、

何かしら理由をつけて最後まで無理して読もうとする態度を、

著者は「ケチ」だと言い放っています。

 

自分の「歯車」に合う本を読めばいいのであって、

そうでない本は、今は時期ではないということで、

そのままにしておこう、という感じでしょうか。

本との距離の取り方について、非常に示唆的です。

 

また、書物の種類を以下の3つに分類しています。

 

①実用書 「生活が強制する本」

②娯楽書 「生活から連れ出す本」

③教養書 「生活を高める本」

 

そして、主に「教養書」との向き合い方や、「教養書」を読む意義について、

著者自身の経験をふまえながら自論を展開されています。

ある「教養書」をバイブルとして崇める人たちの精神性を、

バッサリ批判しており、その批判をとおして、教養書との向き合い方を、

わかりやすく説明してくれます。

 

さらに、読書ノートの効用について。

自身の読書ノート作りの変遷に加えて、

「記憶に自信がなかった」といぅ思想家モンテーニュの事例も取り上げ、

本の内容を記憶に止めること、そのための「書く」ということについて、

詳細に記載されています。下記はその一部。

 

●客観主義的ノート法 〜忘れない工夫

 

書物に忠実な態度──私は、それを客観主義と呼ぶ──で作られたノートというものは、私の経験では、思ったほど役に立たないものである。

Kindle版 位置800)

 

難かしさは、ただ或る書物を読むことの難かしさではなく、読んだ本について書くことの難かしさ、すなわち、書けるように読むことの難かしさなのである。

Kindle版 位置970)

 

私たちは、表現の努力を通して、初めて本当に理解することが出来る、それを忘れて貰いたくないのだ。本を読みながら、「なるほど、なるほど」と理解しても、そういう理解は、心の表面に成り立つ理解である。浅い理解である。本を読んで学んだことを、下手でもよい、自分の文章で表現した時、心の底に理解が生れる。深い理解である。

Kindle版 位置1019)

 

 

書かれた時代は古いこの本ですが、

現代の我々にとっても非常に示唆に富む内容となっています。

 

今までの自分の読書を、一度この著者の視点を借りて、

俯瞰してみてはどうでしょうか。

 

もしかしたら肩の荷がおりるかも・・・

もしかしたら反省から新しい読書スタイルを見つけられるかも・・・

 

気になった方は、どうぞ読んでみてくださいね。

 

 

【甘味】トラヤカフェ 練乳マンゴーかき氷

f:id:asakuno:20180708064836j:image

新宿NEWoManにある、トラヤカフェに行ってきました!

 

以前から気になっていた、新宿店限定練乳マンゴーかき氷

練乳シロップが上からかかっていて、中にマンゴーピューレが入っています。

脇にあるのは、トラヤカフェのあんペースト。

このアンペースト、黒糖風味がして濃厚かつきめ細やかでとても美味。

練乳やマンゴーの酸味ともよく合います。

練乳のかかってないタイプだともっとさっぱり風味なのでしょうね。

夏が終わらないうちに、もう一度食べたいですね!!

 

ちなみに、一緒に行った友人が頼んだのは、↓↓こちらの、

練乳宇治金時!こちらも気になりますね〜〜(><)ノ

 

f:id:asakuno:20180708064928j:image

 

【甘味】だるまや かきごおり (北区十条)

少し前になりますが、北区十条にある「だるまや」さんに、

かき氷を食べに行って来ました!!

f:id:asakuno:20180707150231j:plain

こちらは「極上宇治金時」天然氷使用で+100円のため、約1800円でした。

抹茶かき氷だけで価格帯めっちゃたくさんあるんですが、

せっかくなのでお高めな「極上」をチョイス。

 

驚きなのは、ここの抹茶の氷、甘みが無いんです!!

抹茶部分の氷だけすくって食べると、まさに抹茶を飲んでいるような感覚!

しかもとても香り高くて美味しい!!!

小豆にほんのり甘みがあるので、それと一緒に食べるとなお美味しい!!

写真には映っていませんが、氷の下にも小豆が隠れています。

 

けっこう大きめのかき氷なんですが、ぺろっといただきました。

これは、遠くてももう一度食べにいく価値ありかな!!

自然の甘みに酔いしれた良き時間でした。

 

ついでなんですが、一緒に行った友人が選んだかき氷もちょっとご紹介。

「特上ミルクコーヒーかき氷」

f:id:asakuno:20180707150732j:plainこだわりのコーヒーを使用されているそうで。

 

次回はこれも食べてみたいですね!!

 

夏の間にもう一度行けたらいいなぁ!!!

【スタバ】抹茶ココアクランブルタルト

f:id:asakuno:20180618061427j:image

 

ココアタルトにブラウニー並のしっかりした生地。

その上には、ふんわりした抹茶クリーム。

抹茶の香りもしっかりしていて、とても美味しかったです。べったり甘すぎず。

ドリップコーヒーといただきました。

カフェミストかラテでもよかったかなぁ~!

うつ病について⑵

(続きです)

 

さて、中小企業を退職した後、2週間ほど体を休めて、再び転職活動にとりかかります。「退職した」という解放感で精神状態が良くなっているスキに動き出しました。

2回目の転職ということもあって、前回のときよりは少し気持ちに余裕があります。

エージェントも2社に登録、職務経歴書等を更新して提出、求人応募まではスムーズに進みます。

このときは転職市場も活発になってきたところだったので、書類選考通過もわりと多く、いきなり一週間がまるまる潰れるほど面接が入ります。(多いときは1日3件も)

これ、けっこう心身にキツかったです。

知らない会社に行って、知らない人と面接して、帰宅したら次の日の面接の準備して…。結構ハードで、オエっていいながら必死に活動していました。

そして、一番最初に出た内定のところに、結局、決めてしまいました。

気持ちに余裕がないから、どうしても最初のところに引っぱられてしまう。

 

今回よかったのは、内定日から初出社まで1ヶ月の猶予があったこと。

その間に心身をリフレッシュさせられたんですね。

久しぶりに一人旅に二泊三日で行ったりしていました。

 

そして、二社目の初出社日。

しょっぱなから想定外の出来事。採用数1名と聞いていたのに、実際は2人いたんです。しかも同年代の女性…。しかも面接で顔を合わせた記憶があって、苦手だな、と思っていた人。。。ショックでした。

 

ともあれ気を取り直して新しい環境での仕事スタート。

しかし、色々と予想外のことが起きます。

中途採用=即戦力だと思っていたのですが、人員に余裕があるなかでの増員(しかも2人…)だったらしく、日中、することが全く無い…。自習してて、と言われる。(何を担当するかもわからないのに)電話対応をしただけで、褒められる…

 

前職の中小企業とは全く異なる状況に戸惑いしか感じません。

それでもなんとか、3ヶ月過ごし、ようやく仕事がもらえるようになります。

その辺から出て来てしまった、人間関係の確執…

中途2名に対する教育体制で、不公平感があると、もう片方の子が上司に訴えます。

また私も、仕事の進め方について内心感じていた様々な疑問点をストレートに会議で伝えてしまいます。

色々なことが、タイミング悪く重なり、その結果、「社内いじめ」のような状況に。

しかも、3対1で…

 

結局、これがエスカレートした形になり、入社後半年で自席に座っているのが辛くなり、医務室にかけこんで泣いたり(保健師に話を聞いてもらっていました)、トイレに立てこもったりすることが増えました。

どうしようもなくなり、最後、精神科を受診。

ここは、保健師の勧めもあり、「認知行動療法」を行っているクリニックでした。

 

はじめて臨床心理士さんからのカウンセリングを受け、自分の生い立ちや現状を客観的に整理してもらって、少し落ち着きを取り戻します。

また、理由はわかりませんが、社内いじめも何故か収束の方向に…

 

とりあえずは、また元のように仕事が出来る感じになるかな。。。と思ってはいました。

 

 

(続く)

自己紹介的な⑥ 国家公務員試験 → 内定まで

(続きです。)

さて、いざ官庁訪問

(っていっても、もう8年くらい前の思い出なんですけどね。)

(万が一、現在進行形で受験中の就活生の方が読んでくださってる場合は、

大昔の記憶を書いてるだけなので、どうか参考にはしないでね。)

 

ちなみに①N省と②S省を受けました。

 

①の一次面接は、一つの部屋に4〜5卓くらいあって、そこに縦に受験生が並びます。そして順番に試験官と3分くらいの短い面接。

これ、凄いのは、周りの人がどういう応答してるのか聞こえちゃうんですよね。

ここの面接で聞かれて印象に残っていることは、

私がPRで大学院で頑張って来たことをアピールすると、

「研究に戻りたくなっちゃうんじゃないの??」

っていわれたこと。

今思えば、まあそう聞きたくなるよね、って感じだけど…

(研究したいと思って院に進学して、そこで論文公表とかの実績を残してるわけだし、それを直接、政策に活かすことは難しいし、関連性も強くなかったからね)

当時はとてもショックでした。

あっけなく一次面接落ち。

 

②は、合同庁舎の地下の大きな講演会場に大勢の受験者が待たされて、番号を呼ばれると上のフロアに上がって、また帰ってくる、というもの。人によって面接回数はまちまち。3回の人もいれば、4回以上の人もいたんじゃないかなぁ。

お帰りください、っていうのも同じ会場で番号を呼ばれて、出口に案内される感じ。

番号を呼ばれると、次の面接か?退場か?のドキドキな感じでした。

 

あんまり覚えていないのだけれど、1〜3回くらいの面接は、バリバリの面接官ではなく、各実務担当者(係長さんくらいかしら)との面談、といった感じ。

そこで、自分のやりたいことや将来の展望について、質問したりされたりをします。

私はたしか、2回目の面談で、自分が「これ!」って思っていた政策を実行していた担当の方に巡り会い、非常に話が弾みました。

「ぜひ一緒に働きましょう!!たぶん次の面接も大丈夫だと思いますよ!」

こう言ってもらえて、いけるかも!!と期待に胸を膨らませます。

 

そして3回目の面接、番号を呼ばれて案内されたのは、高層階。

思い扉をノックして入ると、広い会議室の奥に、年配のおじさまが二人座っている。

そして、いわゆる面接らしい面接が始まりました。

 

緊張…これは緊張するよ…

自然と声が小さくなってしまったのか、面接官から、

「ふだんもそんなに大人しいの?友人といるときも?友人もそんなに大人しいの??」

という質問が出てしまいます…

もう焦りまくり…

 

当然、結果はこの面接で退場送り。。。

同じ高層階の別会議室に、内定者が集められている別部屋がチラっと見えました。

「ああ・・・」

1日拘束され(待ち時間長い)ぐったりして帰路につきました。

 

他にも官庁訪問はしたんだけど、鮮明に記憶に残っているのがこの二つのエピソードなので、これだけにしておきます。

 

まあ、、落ち込むわな。

準備不足とはいえ、本省庁の競争からは敗退。。。

どうしよう・・・試験は受かっても行くとこないやん・・・

名簿に登録されて、連絡を待つだけなのか・・・

 

藁にもすがる思いで、官庁訪問の連絡を入れたのは、

もうおわかりですね・・・

地方の出先機関

 

本省庁が一服した頃から始まります。(当時はね。)

 

そこで、某外局の地方機関を2つ、某省の地方機関を2つにエントリー。

さいたま新都心まで出掛けましたよ。

まあなんと、官庁訪問の雰囲気の違うことか。まったり。

 

そして、面接の日程が早かった某外局の官庁訪問で、

2回の面接で、両方ともあっさり内定・・・

 

あ・・・そういう・・・温度差・・・・

なるほろね・・・

 

当時は、仕事にありつけないかも!!!という恐怖が凄かったので、地方機関であっさり出た内定ではあっても、大喜びでした。本当に。

 

しかしまあ、どうしてあんなに競争の格差があるのか…

それはやはりそれなりの理由があるのですよね。

 

★★★★★

 

それから余談ですが、これは私の偏見かもしれませんが、本省庁採用の行政職だと、やはり「4年制・新卒」を官庁側はほしがっているなーという印象でした。

技術系職は、大学院卒が多いけど、行政職はやはり4年制卒ピチピチ新卒を鍛えたい思いがあるのでしょう。文系院卒は…お帰りください、って感じでしたね。

 

前回にも少し書きましたが、私は大学院は研究に集中したかったので、在学中に公務員試験の勉強はほとんどしていません。つまり、既卒で試験を受けたわけだけど、

試験官から、

既卒って……今まで何をしていたの?」

って聞かれた記憶があります。

いや、3月末まで研究発表してて、それまでも修士論文書いてて、3月に修了してめちゃ勉強して6月受験して今だよ!?ってこっちとしては思うんだけど、

 

学部生の相手をしている面接官からすれば、

「(就職活動もしないで何してたの?)」ってとこですよね。

学部と院ではまったく環境は違うんだけど、

おそらく行政職国家公務員で文系院卒は少ないだろうから、

理解はしてもらいにくいよね。

(法学部とか政治学部とかなら、院卒も良いのかもしれないけど、

私は史学で修士ですからね。。。。)

 

とにかく、傷つきまくった官庁訪問でありました。

(なんとか内定もらえてよかったね〜〜)

 

 

 

(続く)